短小でもいいじゃない、EDじゃなければ。股間の救世主

短小でもいいじゃない、EDじゃなければ。股間の救世主

 

 

短小でもいいじゃない、EDじゃなければ。

 

当サイトは股間に悩みを抱える方々の救世主になれればと思っています。

 

私の愛好している精力剤→カマグラ

 

深い関わりがあるEDと生活習慣病

 

EDに悩まされている方にとって、どうしたら改善するのかという点は非常に重要かと思います。中には薬を使うとずっと飲み続けなければならない気がするので、他の方法がないかと考えることもあるでしょう。

 

 

ED治療薬というのは種類にもよりますが、服用することで血流を良くし、勃起をしやすくするというのが基本的な作用です。あくまで一時的な効果ですから、薬を飲み続けなければならないというわけではありません。しかし薬に頼るだけでは改善しづらい部分もあるため、根本的な部分から見直すことが大切です。

 

実はEDと生活習慣病には深い関わりがあるとされています。男性器に大量の血液が送り込まれる事によって起きるのが勃起というものですが、例えば高血圧などで血管が固くなってしまっている場合血液が十分に性器に流れなくなってしまうのです。糖尿病になると脳からの性的刺激がうまく性器にまで伝わらなくなることもあり、それによってEDの症状が出てしまいます。

 

 

また、運動不足や肥満がEDの原因になっていることもあるなど、生活習慣病がEDの原因となることが多い傾向にあるのです。

 

 

そのため生活習慣の見直しがEDの改善に一役買ってくれるだけでなく、生活習慣病になるリスクを軽減することにも繋がります。具体的には血流の改善をするために喫煙や飲酒を控えてみたりバランスの良い食事を心がけたり、適度な運動、特に下半身を強化するようなものを日常的に取り入れるなど、日々の生活を変えることが大切です。ストレスを溜めないようにすることもED改善には重要なことです。

 

 

ちなみに下半身を鍛える運動やストレス解消のためにサイクリングを検討する方もいらっしゃるかもしれませんが、長時間のサイクリングはEDの原因になってしまうこともあるといわれています。これはサドルによって血管や神経が圧迫されてしまうためです。自転車に乗る場合はなるべく長時間乗らないようにしたり、圧迫しないようにパッドが入ったパンツを使用するなど気をつけてあげましょう。

 

 

早めのED対策をして、生活習慣病に負けずに健康的に過ごせる体づくりをしたいものですね。

 

あれだけ悩んでいたEDが直ぐに改善したのは

 

 

30歳の頃、EDに悩んでいました。朝立ちも全くせず、
彼女と行為に臨む際も途中で中折れしてしまい、最後までいかないことが多くなりました。

 

その時に彼女から度々小言を言われ、ますます悪化したような気がします。
その彼女とは別れましたが、EDは克服できませんでした。

 

 

原因を考えてみると、「ストレス」だと考えられました。
当時は地元で10年近く務めた会社を辞めた時期でした。

 

理由は地元の仕事は比較的楽でしたが、給料が安かったためです。
上京し、東京の会社に勤めることにしたのです。

 

 

しかし、東京暮らしは楽なものではありませんでした。
毎日満員の電車に揺られ、帰宅時間も遅くなりました。食事も生活も不規則となりました。

 

 

それが続くうちにEDが始まったのです。EDになることにより、ますますストレスがたまり、彼女との件から女性不信にもなりました。

 

 

そこで思い切って、生活の改善をすることにしました。まずはコンビニ弁当主体の食事を野菜、特にトマト主体の食事に切り替えました。

 

トマトには「リコピン」という成分が多く含まれており、それは体調の改善や様々な病への予防になると聞いたからです。
毎日2個以上は食べることを心がけました。そして仕事も今までは必死にやっていたのですが、手を抜いて仕事をすることにしました。

 

 

給料は若干減りましたが、成績に心をすり減らすことが無くなり、気持ちが少し楽になりました。
周りの目を気にせず、定時に帰るように心がけるようにもしました。

 

 

これらの事をやっていると、だんだんとEDは改善されてきました。
しかし、まだ20代のころの様にはいきませんでした。考えたのはそもそも「東京」という町が私には合わず、
住んでいるだけでストレスになってしまうのではないかという事です。

 

仕事より自分の体調が優先です。すっぱり地元に戻りました。
するとあれだけ悩んでいたEDが直ぐに改善したのです。EDを克服するには「環境を変える」ことが一番大事だと感じる出来事でした。