中折れを防止するためのちょとした生活習慣

中折れを防止するためのちょとした生活習慣

30代も中盤を過ぎた頃からある事に悩まされるようになりました。

 

抜け毛?メタボ?違います。
中折れです。

 

それまで話には聞くことはあっても、自分には関係ない話だと思っていた中折れです。
せっかく良い雰囲気で楽しんでいて、その楽しみも絶頂を迎えようとしているその瞬間の中折れです。
はじめは何が起きたのかがわかりませんでした。
その場は気まずくなりましたが、きっとたまたまだろうと思うようにしました。
しかし残念がらたまたまではなく、中折れはその後何度も自分の楽しい時間を切り裂いていきました。

 

対策を考えないと。
そう思い色々思い起こしてみると、中折れする際は必ずアルコールを節酒していたことに気がつきました。
そこでしばらく、女性と過ごす前の飲酒は控えるようにしました。
また、念のためということで、普段から過度な飲酒をしないように心がけるようにしたのですが、これが効果テキメンでした。
中折れと飲酒には確かに相関関係があるということがわかりました。

 

また、中折れイコール男らしさの欠乏と捉え、男性ホルモンを増やすよう心がけました。
十分な男性ホルモンを分泌するために効果的であると言われているテストステロンの増加、これを促すために筋トレを行うようになりました。
何年ぶりのことでしょうか。
正直なところ、筋トレをすることによってテストステロンが増えたり、男性ホルモンが多くなった実感は湧きません。
それでも心地よい疲労感と筋トレに伴う筋肉痛は、自分の中に確かな自信を与えることとなりました。
そしてもちろん中折れにも一定の効果があったと思われます。
明らかに以前よりも張り詰めている感じがするのです。

 

中折れは加齢を感じさせ、男としての自信を喪失させます。
ただ、飲酒を控える、筋トレをするなど、生活習慣の中で少しだけ対策を立てることで十分に予防することができます。
中折れ防止の為、少し生活を見直して、男としての自信を失わないよう心がけていきたいものです。